これから公認会計士を目指す人を心の底から応援をしていく情報特集 当サイトで紹介している公認会計士の試験に関する情報をご覧になって頂ければ、あなたの公認会計士の資格の取得という目標に近づくことが出来ると思います。 公認会計士 就職

公認会計士は華やかな部分ばかりではないといういことも知っておきましょう

公認会計士に求められることはいくつかあるでしょう。法律的な規制もありますが、今回は公認会計士一個人としてのいくつかのポイ

個人にとどまらない公認会計士の活躍を目の当たりにして資格取得に向けて気持ちを高める

公認会計士の業務内容の大きなものとして「監査業務」というものがあります。これは独占的に行う業務のことで、公認会計士の責任

企業と経営のサポーターとして公認会計士の役割と存在意義について考える

公認会計士というと、イメージの中では「書類などを作成し計算などを行っている」というものがあるかもしれません。厳密にいうと

公認会計士だから出来る業務についてに理解と把握がとても大事なのです

公認会計士だから出来る業務についてに理解と把握がとても大事なのです

公認会計士はさまざまな業務内容がありますが、その知識をもって海外で活躍している方もいらっしゃるのです。ではここで、公認会計士の仕事の中でも「独占業務」について見ていきましょう。

参考=公認会計士 就職 https://cpa-net.jp/

■公認会計士のみに許された仕事
独占業務として公認会計士のみが許された業務、それが「財務諸表監査」です。これは、会社などが作る貸借対照表などの財務諸表が、その会社の財政状況や経営成績などを正しく表示しているかどうかを、公平かつ第三者的な立場として判断を行い、それらを意見として表明する作業のことを言うのです。

■会社などにとって大きな部分を支えている仕事
上記の作業は、会社などにとっては最も大切であると言っても過言ではない「社会的信用」を支えているのです。社会的信用が、会社などにおいてはさまざまな影響をもたらす事柄となります。ですから、それに携わる公認会計士は大きな責務を背負っていると考えられるでしょう。

■監査を行うということ
公認会計士が監査を行うことによって企業などは「得るもの」もいくつかあります。まずは、会社などを取り巻く利害関係は「信頼性の高い情報」を得ることが出来るという事です。これは、会社間でのやり取りの際には大きな部分ともいえるでしょう。

そして、高い情報を得ることが可能であれば、あらゆる側面の取引を安心してすすめることができるというわけです。

■第三者的立場であるということ
また、公認会計士が行うことによって公平性というものも生まれます。公平性が生まれることによって、よりその信頼度は高いものとなっていくのです。

■会計士だからこその仕事
先にも触れたように独占業務として成り立っている部分ですから、公認会計士のみが許された業務となっています。こうした位置にある仕事だからこそ、社会にたいして大きな役割を持っているのです。

◆法律から見る公認会計士
さまざまな職種がある中で「公認会計士」と呼ばれる方々もいらっしゃいます。中には、目指しているという方もいらっしゃるでしょう。ここで、公認会計士とはどのような使命を持っているのかについて、法律から読み解いていきたいと思います。

■公認会計士法第1条からみるその使命とは
公認会計士は、監査および会計の専門家として独立した立場において、財務書類その他の財務に関する情報の信頼性を確保することにより、会社などの公正な事業活動・投資者および債権者の保証などを図り、もって国民経済の健全な発展に寄与することを使命とする。

とあります。では、この法律で定められたものを分かりやすい形で以下、見てみましょう。

■会計のプロである公認会計士
その主な業務としては監査や会計となります。それぞれの専門化を公認会計士と位置づけているのです。これは、経済活動の土台を作り支えている役割と考えても良いでしょう。

■独立した立場とはどのような立場なのか
被監査会社ばかりではなく、いかなる場合でも独立した立場を持つことをいいます。簡単にいうと、全てのことにおいて公正性と信頼性を確保している人たちなのです。

■財務書類・その他の財務に関する情報の信頼性とは
会社などが作成する財務書類やその他の財務に関わる情報の信頼゛位というものを、公認会計士が業務をすることによって付与するという事を指します。

■公正な事業発動と債権者の保護とは
監査を通して不正の発見を行い、その上で公正な事業発動を図るという事を意味しています。それは、会社に関わらずとも法人や公会計の対象となる事業体なども含まれて居ます。そして、投資者の保護や新任の確保が期待されているのです。

■責任が大きく大切な仕事
公平性というものを常にもち、正しい判断をしていく仕事こそが公認会計士と呼べるのでしょう。

▲PAGE TOP

これから公認会計士を目指す人を心の底から応援をしていく情報特集

当サイトで紹介している公認会計士の試験に関する情報をご覧になって頂ければ、あなたの公認会計士の資格の取得という目標に近づくことが出来ると思います。


Copyright© 2016年5月10日 これから公認会計士を目指す人を心の底から応援をしていく情報特集
http://priscillathegreat.com All Rights Reserved.